熱かった!初の風俗体験!

私が初めて風俗に行ったのはちょうど10年前のこと。 会社帰りに同僚と飲んでいて風俗に行くかと言う流れになりました。 私以外の連中はみんな風俗に行ったことがある人たちばかりだったので、最初は私も行ったことがあるということにして臨みました。 選んだ店は人妻系のファッションヘルス。 20代後半〜40代の女性がメインのお店で、エプロンを着て、『お帰りなさい』と言って出迎えてくれるのが特徴的なお店でした。 私が当たった女性は35歳のリアル妻。 今でも忘れられないくらい刺激的な女性でした。 高級店だったこともあり、接客態度やトーク、プレイに至るまで、全てキチンと教育されており、また全てが上質でした。 特にフェラチオのテクニックが絶品。 最初はカリをちろちろと舐めてきて焦らし、その後は裏スジ舐め…。 俺がまた丁寧に舐めるのです。 気持ちよさのあまり体を反らしてしまったのを覚えています。 そしてムスコの周りを丁寧に舐めるといきなりパクッと咥え、喉の奥まで深くまで持っていきます。 そしてそれから本格的な濃厚フェラが始まったのです。 ズボ、グボボ…!といういやらしい音を立てながら絡みついてくる舌はまるで蛇か何か違う生き物のようでした。 そして私はあっという間に限界を迎え、あえなくフィニッシュ…。 最高の風俗初経験でしたよ。

風俗の歴史

現存する歴史上最古の広告は、トルコの遺跡に残された風俗店への道を案内するものだと言われています。この広告は地面に描かれており、女性の顔と足跡、そしてお金が描かれています。当時すでに文字は発明されていましたが、現在に比べて識字率が低かったために、より多くの人にわかりやすいイラストで描かれたと言われています。 一方、日本でも性風俗は古くからさまざまな形で発展してきました。特に江戸時代以降の発展は顕著であり、現在でも江戸時代に色町だった地域の多くは風俗街として発展していることも多いです。江戸時代から平成初期にかけては、店舗型の風俗が大多数を占めていましたが、2000年代に入るとインターネットをはじめとした通信システムの発展が目立ち始め、デリヘルを中心とした無店舗型の風俗が増加しました。その発展の速度は凄まじく、2000年代から2010年代までにかけてのごく短い間で、風俗全体の店舗数の過半数が無店舗型の風俗へと切り替わりました。 2010年以降には店舗型の風俗は顕著にその規模が小さくなり始めていますが、デリヘルなどの無店舗型風俗店の好調により、むしろ風俗店の店舗数は年々増加傾向にあります。また、近年地方にも多くの無店舗型風俗店が出店されるようになっています。

LINK

京都風俗ならホテヘルが良いらしい|clubCanCan/ 大阪の風俗ならこちらがオススメ【LINE GROUP】

 

男性は風俗歴のある女性を敬遠するか

女性の中には、自分の過去の職歴に対してコンプレックスを抱いている事がたまにあるようです。どのような職業かというと、デリヘルだそうです。
例えばある男性とつき合ったとしましょう。ところがその…

風俗の楽しみ方について

風俗を利用する時は多くの方はファッションヘルスやソープを利用されるという方が多いと思います。それはどうしてかというと、風俗というと昔からこの2つを利用する事が普通だったからです。

ですが…

AV出演経験のある風俗嬢について

風俗嬢のアピールポイントで、たまに「AV出演経験アリ」となっている風俗嬢がいます。このAV出演経験のある風俗嬢ですが、男性からしてみればやはりその評価は高くなります。なぜならば、AVに出演しているとい…